メインコンテンツへスキップ
  • お問い合わせ先
MPO-tool
verification-tool-screen-2

MPOベリファイアモジュール

PART NUMBER MPO-VERIFIER

  • 12F(センターキー)&16F(オフセットキー) MPO
  • ピン付き(男性)・ピンなし(女性)
  • 平らな端面と角のある端面

メールでのお問い合わせはこちら sales@senko.com または、お近くのSENKO販売代理店までお問い合わせください。

パラメータ 仕様
センコーの品番です。

MPO-VERIFIER

主な用途

MPOおよびMTアセンブリの極性および導通テスト

寸法

幅32mm×長さ53mm×高さ53mm

適用されるスコープと干渉計。

MANTA W+

MANTA HM

MAX-QM+

マックスクオンタム

があります。 MPO VERIFIER module is a non-contact testing accessory is an accessory for use with the MANTA HM, MANTA W+ とのことです。 ぽらりす 卓上型検査用スコープと MAX-QM+マックスクオンタム interferometers for doing end-to-end assembly polarity and continuity testing of MPO and other MT based assemblies. The MPO Verifier module works for 8, 12, 16, 24, 32, 48 fiber MT and MPO assemblies for both multimode (flat polish) and singlemode (angle polish) end faces with and without the guide pins. The module’s opening accepts both the center and the offset MPO orientation key. The MPO VERIFIER module includes reporting for MPO assembly Polarity including:

  • Method A (Key Up to Key Down with Straights Through wiring),
  • Method B (Key Up to Key Up with Straight Through wiring)
  • Method C (Key Up to Key Down with Crossed Pair wiring)
  • PLUS the ability to report on customized polarity methods.
  • MPOおよびMTアセンブリの製造とテストを行うケーブルアセンブリ製造エリア
  • トランシーバー製造
  • ネットワーク・インストレーション
  • 受入検査・品質検査室
NIST
International Electrotechnical Commission

モジュールは、設定された順序で移動する内部光源を使用して、アレイ内のファイバを点灯させます。 検査用スコープまたは干渉計のMAXINSPECTソフトウェアが入射光を検出し、チャンネルの導通と極性を検証します。 ソフトウェアは、極性メソッドの有無を検証します。 MAXINSPECTソフトウェアには、デフォルトでメソッドA、B、Cが搭載されており、カスタマイズされた極性プロファイルを入力することも可能です。

MPO Verifierは、MT検査用の検査スコープと、MAXINSPECTレポートソフトウェアを実行するMT異常検出用の干渉計と互換性があります。 これには、以下のものが含まれます。

  • MANTA W+
  • MANTA HM
  • MAX-QM+
  • MAX QUANTUM